読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少年野球の正しいバットの選び方!バッティングの上達はまずバット

少年野球のバッティング上達のポイントは正しいバット選びにあります。お子さんにピッタリのバットの選び方をご紹介します。

子供のバッティングが上達する正しいバットの選び方とは?

野球少年

少年野球で頑張っている子供の姿は眩しいですよね。
でも、一生懸命に練習をしているのに思うように上達しない…
そんな子供を見ると、親なら何とかしてあげたいと思うに違いありません。

特にバッティングを上達させるのは一番難しいと言われています。

ただ、少年野球でバッティングを上達させるうえで、ともて重要ですが簡単な方法があります。
それは子供に合った正しいバットを選んであげることです。
この「正しいバットを選ぶ」ということだけで、一気にバッティングが上達する子供もいます。

それでは正しいバットの選び方について具体的にご紹介します。
大きなポイントとしては「長さ・重さ・バランス」の3点があります。

まず長さですが、子供が立った横にグリップを上にしてバットを立ててみます。
その時にバットのグリップの位置が、股下と鎖骨の中間にくるようなものを選んでください。

次に重さですが、これは実際にバットを持たせて子供に振らせてみましょう。
その際、バットと子供の体の状態をチェックしてみてください。

バットが波打ったり、子供の体がふらついたりするようなバットは重すぎると判断します。
その点をよくチェックしたうえで、一番重たいバットを選んでください。
バットは重たいほど飛距離が出ますので。

そして最後にバランスですが、これは重心がバットのどこにあるかということです。
基本的にバットのバランスは「トップ・ミドル・カウンター」の3種類に分かれています。

 ・トップはバットの先端に重心を置いたもので、パワーのある長距離バッター向きです。

 ・ミドルはその名の通りバットの中間のやや広い範囲に重心があり、バットをコントロールしやすくアベレージヒッターに向いています。

 ・カウンターについてはグリップに近い部分に重心があるので、バットを軽く感じることができますが一方で芯をとらえにくくなります。

その他、バットの素材に関しては、「アルミ合金・ジュラルミン・カーボン・複合・木」などがあります。
ただし、リーグによっては使用が禁止されている素材もありますので、その点は事前に調べておきましょう。

以上のように少年野球でもバットにはさまざまな種類があります。
お子さんのタイプに合わせて上手にバットを選んであげてください。
自分に合った正しいバットで練習することによって、バッティングの上達を加速させることができます。

あと、もしバッティングの正しい練習方法がわからないという場合は、おすすめのDVD教材がありますので参考にしてみてください。
それは元巨人軍の名バッターである篠塚和典さんが、少年野球の指導経験を踏まえたうえで実演・解説した教材です。

篠塚さんが素人にもとてもわかりやすく説明してくれています。
興味のある方は、下のリンクをクリックして公式サイトをチェックしてみてください。
↓  ↓  ↓
公式/篠塚和典の最新教材が7,000円OFF!

子供が試合でヒットを打つ姿を見るのは、きっと親としても最高の気分ですよね。

松井秀喜さんの子供時代

野球少年

「努力できることが才能である」
これは松井秀喜さんの小学生の頃からの座右の銘だそうです。

松井さんのお父さんがこの言葉を半紙に書いてくれて、それをずっと机の前に貼っていたとのことです。

松井さんのお父さんは、松井さんのことを子供の頃から”秀さん”と「さん付け」で呼んでいたそうです。
たとえ自分の子供であっても、独立した人格を持った一人の人間として接してきたとのことです。

その接し方はおそらく子供の頃の松井さんにとっても、「人としてしっかりしないと」という自覚を持つきっかけとなったに違いありません。

実際に松井さんは子供の頃から、野球での実績とは別に人間として周囲から認められる存在でした。

それを裏付ける具体的なエピソードとして、松井さんが少年野球のチームにいた頃の話があります。

そのチームは毎年、卒業する6年生が次のキャプテンを決めることになっていたそうです。
松井さんが5年生の時に6年生が選んだキャプテンは、実績では申し分のない松井さんではありませんでした。

その背景には松井さんが、その年にチームに加入したばかりであっということがあります。
しかしその時、キャプテンに指名された少年が中心になって監督に直訴して、松井さんをキャプテンにしてもらったのだそうです。

この松井さんのエピソードからも、人間形成において子供時代に親がどう接するかの重要性が見えてきます。

イチロー選手の子供時代

野球少年

イチロー選手が小学6年生の時に書いた作文は、かなり有名なのでご存じの方も多いと思います。

「僕は将来、一流のプロ野球選手になるぞ」という夢が書かれたものです。
その内容がとても具体的かつ論理的なのには驚かされます。

 ①自分はプロ野球選手になる 
 ②そのためには中学校と高校で全国大会に出て活躍する
 ③そのためには練習が必要
 ④自分は365日中、360日は激しい練習をやっている 
 ⑤だから自分は必ずプロ野球選手になれる

さらに「契約金は1億円以上が目標」とまで書いていました。
繰り返しになりますが、小学6年生の作文です。

イチロー選手は3歳のときにおもちゃのバットを買ってもらって以来、寝る時もバットを離さないほど野球が好きになったそうです。

イチロー選手のお父さんがこんなことを言ってました。
「子どもが夢を見つける最初のきっかけは、親が与えるものだと思っています」

もしイチロー選手が子供の頃に「サッカーをやりたい」と言っていたら、お父さんは一緒にサッカーボールを蹴っていたとコメントしています。

夢のきっかけを与えるのは親でも、やりたいことを決めるのは子供自信なのだということなんですね。