読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

少年野球の正しいバットの選び方!バッティングの上達はまずバット

少年野球のバッティング上達のポイントは正しいバット選びにあります。お子さんにピッタリのバットの選び方をご紹介します。

イチロー選手の子供時代

野球少年

イチロー選手が小学6年生の時に書いた作文は、かなり有名なのでご存じの方も多いと思います。

「僕は将来、一流のプロ野球選手になるぞ」という夢が書かれたものです。
その内容がとても具体的かつ論理的なのには驚かされます。

 ①自分はプロ野球選手になる 
 ②そのためには中学校と高校で全国大会に出て活躍する
 ③そのためには練習が必要
 ④自分は365日中、360日は激しい練習をやっている 
 ⑤だから自分は必ずプロ野球選手になれる

さらに「契約金は1億円以上が目標」とまで書いていました。
繰り返しになりますが、小学6年生の作文です。

イチロー選手は3歳のときにおもちゃのバットを買ってもらって以来、寝る時もバットを離さないほど野球が好きになったそうです。

イチロー選手のお父さんがこんなことを言ってました。
「子どもが夢を見つける最初のきっかけは、親が与えるものだと思っています」

もしイチロー選手が子供の頃に「サッカーをやりたい」と言っていたら、お父さんは一緒にサッカーボールを蹴っていたとコメントしています。

夢のきっかけを与えるのは親でも、やりたいことを決めるのは子供自信なのだということなんですね。